コラボスニーカー情報発表【アーバンサン×RESUND CLOTHING】

コラボスニーカー情報発表【アーバンサン×RESUND CLOTHING】

By BRYAN

イタリアスニーカーブランドURBAN SUN(アーバンサン)と

RESOUNDCLOTHINGのコラボレーションをリリースする運びとなりました

RESOUNDの強みである日本のデニムの技術とイタリア製スニーカーの融合です。

urbansunとは2017年Pitti Uomoから世界デビューを果たした

90年代の ストリートファッションをイメージしたデザインと特徴が組み込まれ

“ダイナミック”、“力強さ”、“性能”がアーバンサンのフィロソフィーとキーワード

イタリアはトスカーナの街フチェッキオでハンドメイドで作成される

軽さや履き心地にも追求し、1日履いても疲れないのも特徴の一つです。



urbansun定番ランニングモデル アンドレをベースにコラボレーション

ナイロン部分には「Limonta社」のものを採用。アウトソールには、擦り減りにくく、

長く愛用できると定評のある「MARGOM社」のものを使用。

ライニングはパイルではき心地にこだわっております。



アッパーには

Japandenimのプライドを込めたリサウンドオリジナルファブリック

1960年代に使用していた10ozムラ糸ヴィンテージデニム

を復刻させました。織りは広島県福山市、インディゴは合成染料なし、

徳島県でピュアインディゴ本藍ロープ染色を施し、綺麗なインディゴと

横糸のルーズさがリアルヴィンテージな経年変化によるアタリが楽しめます。



生地の段階から

岡山県児島にあるリサウンドの自社デニム工場で日本に2台しかない最新鋭の

デニムレーザー機器を用いてアメリカ軍M-81

ウッドランドカモフラージュをインスパイアしたオリジナルカモフラージュを

焼き付け、インディゴの濃淡で柄をグラデーションで表現し、

デニム加工職人の手作業による薬品によるシェービング、ブリーチ、ストーンウォッシュで

フィニッシュさせました。



各所切りっぱなしのようなフリンジ仕上げでよりアジのある一足に仕上げています。

ベロの部分には1883年創業奈良県にある老舗タンナーで作成した

リサウンドオリジナル鹿革製革パッチがつきます。





カラーは2色

LIND(ライトインディゴ)

DIND(ダークインディゴ)



価格税抜38,000円



サイズは6サイズ展開



サイズ40:目安25.5~26.0全高12.0ヒール高3.0アウトソール29.0最大幅10.0

サイズ41:目安26.0~26.5全高12.0ヒール高3.0アウトソール30.0最大幅10.0

サイズ42:目安26.5~27.0全高12.0ヒール高3.0アウトソール30.0最大幅10.0

サイズ43:目安27.0~27.5全高12.0ヒール高3.0アウトソール30.0最大幅10.0

サイズ44:目安27.5~28.0全高12.0ヒール高3.0アウトソール31.0最大幅10.0

サイズ45:目安29.5~30.0全高12.0ヒール高3.0アウトソール32.0最大幅10.0(cm)



10月24日売り雑誌LEON

RESOUNDCLOTHINGファーデニムジャケットタイアップのコーディネートで

使用で掲載されてます。

納期は10月末を目指しておりますが、

インポートのスニーカーなので

11月から12月になる可能性があります。

誠に恐縮ではございますが、ご理解いただければと思います。 



★BRYANエコバック付き ★予約につきまして特典WEBポイント10倍

店頭予約はWスタンプ 届きました品のサイズ交換のご要望がありましたら3日以内にスタッフまでご連絡下さい





気になる方 どちらの色が気になるか

スタッフまでお気軽に



遂に10.5sat発売 CIRO香水コロンビーナが

最近 BRYANは、香水屋かなって勘違いするぐらいに、香水の接客をしています奥谷です。ありがとうございます。ミルコブッフィーニからはじまり 、ルームフレグランスのバオバブ のポップアップを現在開催中 ...

奥谷 輝光 ブログ

待望のSWITCH BLADE 新作公開

先日東京にてストレッチブレードの新作展示会が発表されました。お問い合わせも大変多くいただいておりますので、画像にてご紹介させていただきます。...

奥谷 輝光 ブログ

kiryuyrik BRYANイベントの画像 人気を集めたのは?

kiryuyrikキリュウキリュウの デザイナーTAKAYANAGI氏を東京から迎えての展示会イベントを開催、全国から沢山のお客様がご来店いただきました。本当にありがとうございました。その時の模様を一...

奥谷 輝光 ブログ