遂に10.5sat発売 CIRO香水コロンビーナが

遂に10.5sat発売 CIRO香水コロンビーナが

By 奥谷 輝光

最近 BRYANは、香水屋かなって勘違いするぐらいに、香水の接客をしています奥谷です。ありがとうございます。

ミルコブッフィーニからはじまり 、ルームフレグランスのバオバブ のポップアップを現在開催中 そんな中 最近人気も定着してきました県内唯一のCIROフレグランスから 10/5satに新作が1つ発売されます。
コロンビーナです。

【商品説明】2019 10/5発売

歓びを追い求めるモダンなハンターたちに捧げるミステリアスで官能的な香り


トップノート: マンダリン、カラプリアンベルガモット、タバコバーボン、マンジュギク、


ミドルノート:アイリス、ピンクペッパー、オスマンサスアプソリュート、ネロリ、


ベースノート: バニラアプソリュート、ベンゾインアプソリュート、ベチバーー、スエード、ムスク、


はじまりのトップノートは、

ギリシャ神話にも出てくるヘスペリエスの園で実ったフレッシュシトラスの香り、明るいピンクペッパーとの絶妙なコントラストでエキサイティングなミドルノートに誘います。ミドルノートは、スポットライトを浴びるのは、シルキーでパウダリーなアイリスと、ピーチの様なオスマンサスの花。ほんのりバニラが立ちのぼるスエードと柔らかなムスクが、オスマンサスブロッサムに潜むまろやかなレザーの香りを際立てる。

ネロリが蜂蜜の様な濃厚な甘さを軽く添え、タバコバーボン、べチバー、そしてバルサム調の心地良さを思わせるベンゾインが、この誘惑的な香りのフィナーレを豪華に締めくくります。


どこかエロスを感じさせながらエレガントで気高く、人を惹きつける香り




コロンビーナは、人の本質を香りで表現したありのままの自分を生きる人物像へのトリビュート作品 NYでの高評価を受け日本発売です。

あれ?あれ?じわじわくる 第一印象から いつの間に笑顔になる香りは、大人の恋心の様 本質で好きなる優しさ






シロ オードパルファム100ml スプレーのみの展開 天然由来成分 ドイツの気候でドイツワインの様に時間を掛けた香りは、3段階にまるでショートムービーのごとくドラマチックに香りが展開驚きます。

男女兼用
<原産国 ドイツ>
¥25000 +tax

世界トップパフュマーマー調香師 アレキサンドラ カリン

★CIRO 専用ショッパー付き ★カタログ付き



CIROは、ニッチフレグランス
ニッチフレグランスとは?


ニッチフレグランスとは一般的マーケティングやブランドつきの広告などを一切気にせず、才能のある作り手がその個性や独自性を追求して作った非常に稀少性の高いの香水のこと。雑誌の取り上げは多いですが、日本国内展開は厳選6店舗と滅多に手に入らない品

フレグランス界の巨匠が手がけるニッチフレグランス「 CIRO(シロ)」
「CIRO(シロ)」はニッチフレグランスの先駆者「ジェイコブ・S・ウィートコフ」によって作られた伝説の名品香水ブランドなのです。
「CIRO(シロ)」は1世紀前1923年〜1961年まで20点以上の香水を世に送り出し、ファンから惜しまれながら幕を閉じました。60年もの歴史を経てドイツの熟練職人によってその「CIRO(シロ)」が蘇り日本に初上陸!そんな希少性高い香水「CIRO(シロ)」はどんな人を魅了する素敵な香りで僕等を楽しませてくれることでしょう。


ニューヨークで誕生ドイツ産フレグランスブランド「CIRO(シロ)」100年の時を経て、今再び世界の表舞台へ