SEIGEKI セイゲキ/青激

7 件中 7 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中
  • 設立年 : 2015
  • 創業/拠点 : 日本
  • デザイナー : 青木 俊樹

「ROCKERS IN MARAIS」をコンセプトに掲げるデニムブランド「SEIGEKI(セイゲキ、青激)」

デニムの本当の色INDIGO、日本語では[藍色]と呼ばれ、現在迄親しみを得てきました。私達はこの多様に変化する藍色の総称色でもあり、モードの中にある[静寂]の意を表す[青]と、皮膚に吸収される程の繊細なシルエットと、素材や洗いにより生み出される強く感情的な変化、そして個々の精神性を表す[激]、この2つの対比した意味をも持つ言葉を結びつけた世界観の中で生み出されるクリエーションである。

デザイナーは、ファガッセン(FAGASSENT)を手掛ける青木俊樹。パタンナーは佐藤環、テキスタイルは亀岡幸寛が担当している。デビューは、2015年。青木被服が、2015年6月のパリ・メンズファッションウィークで開いた個展がはじまり。シルエット、デザインの構築には、2012年から工場内で実験的にサンプリングを続け3年の歳月を費やした。

コンセプトは「ROCKERS IN MARAIS」。これはパリのマレ地区にてコレクションを手がけるデザイナーが、提案する世界観である。アートギャラリーで溢れるパリのマレ地区に展示会のため年に4度訪れる事で、様々な洋服やスタイルとの調合を考え、現代のデニムの在り方を再度検討し、従来のスキニーデニムをマレのアバンギャルドに向けたシルエットデザインと調合したとしている。糸の段階よりストレッチ性を追求したオリジナルストレッチ素材と、随所に施されたダーツデザイン、独自のパターン技術による開発が特徴の「スキンデニム (SKIN DENIM)」は、ヨーロッパを中心としたバイヤーに注目を集め、世界8か国で取り扱われている。(2016年1月現在)