LSD(Loud Style Design) エルエスディー(ラウドスタイルデザイン)

LSD(Loud Style Design)
エルエスディー(ラウドスタイルデザイン)

|


REFUSEという世界で激しく騒がしい真実を創造する。

MOTOR CYCLE・HOT ROD・ROCK N' ROLL・PUNK・HEAVY METAL LOUDと称されるカルチャーに共通する美学や哲学。 そこに在る言葉では表せない衝動、心を突き動かし続ける真実。 REFUSEという世界で激しく騒がしい真実を創造する。 LOUDなSTYLEをDESIGNする事で創り続けるのは、 深く刻まれる生き様や思想と重ね合わせ身に纏う真実。 一つの真実が、手にした誰かのストーリーになりスタイルとなる。

マニファクチャーテーマ

造型物としての美しさを追求し、身に着けた人のスタイルとなるアイテムを 自分達の手で製作する。 Loud Style Designの全ては、銀という素材を直接加工する事で創り出す原型に端を発し、 想像を創造へと進化させる技術を研鑽し、 装像を送像する為のアイデアを練る事で転がり続ける。

デザイン

THOUGHT LOUDなSTYLEを創り出す際に描かれる狂騒の世界は、 様々な事象・現象・存在から受けるインスピレーションを一貫した思想の元に表現する事で、 不変のバランスに独自のストーリーを刻み、流れ去って行くデザインでは無く、 永く在り続けるデザインを生み出す。 我流で彫金技術を磨き、金属を直接加工する事で原型製作を行う。 そこには、モーターサイクル・ホットロッド・ロックンロール・パンク・ヘヴィメタル等、ラウドなカルチャーから 得る瞬間的なインスピレーションを反映させ、「常在創作」の精神の元、創造と表現を続けている。 シルバーアクセサリーというカテゴリーに捕われず、数多くの作品を発表しており、その姿勢に共感した ブランドとのコラボレーションや海外の展示会への参加等クリエイションの幅の広さは枚挙に暇が無い程。 無類の映画好きでもある高蝶の表現は雑誌や店鋪等の空間でも如何なく発揮され、独特の世界観を広げ続けている。